スマートフレッシュ

青果物の鮮度保持に有効なスマートフレッシュ

image needs to be attached

スマートフレッシュ(SmartFresh™)技術は、果実や野菜向けの鮮度保持技術として高く評価されており、アグロフレッシュが世界的にその技術を保有するとともに、製品の供給も行っています。

スマートフレッシュ技術は、従来の貯蔵方法と併用することで、収穫直後から消費段階に至るまで果実の品質を保持し続ける技術です。

スマートフレッシュ技術の概要

image needs to be attached

収穫を終えたりんごなどの果実は、常温または冷蔵倉庫、あるいはCA貯蔵施設で貯蔵されます。スマートフレッシュの処理は収穫後、貯蔵の前に12時間から24時間行います。

スマートフレッシュの有効成分である1−メチルシクロプロペン(1-MCP)は、果実が自然に生成するエチレンに似た単純な炭化水素です。水を加えると、1-MCPは気体として放出され、貯蔵施設内に均一に拡散します。1-MCPは果実のエチレン受容体と結合し、果実の呼吸と成熟スピードを遅らせます。

さらに、貯蔵庫から出した後もエチレン生成を抑制し、成熟を遅らせる効果は持続します。

鮮度のための果実のエチレン管理

image needs to be attached

スマートフレッシュを使うことにより、通常の貯蔵、輸送および小売の全段階を通じて、より優れた品質の製品を消費者に届けることができるようになります。 収穫時の硬さ、みずみずしい食感、きれいな外観を保った果実は消費者にとって魅力的であるだけでなく、流通段階での廃棄ロスを減少させるため、流通業界にとっても大きな利点となっています。収穫後の鮮度保持技術、特に冷蔵技術は根幹となるシステムですが、スマートフレッシュはこうしたものを補完する新技術であり、従来の貯蔵方法と組み合わせることでより大きな効果を発揮します。

果実や野菜は収穫した後も成熟が進むため、成熟が進行しすぎることにより品質が低下します。これは、果実や野菜自体が生成するエチレンが原因です。エチレンは、ほとんどの果物、野菜、花および植物の組織内で生成され、成長と成熟を助ける働きをしますが、時間の経過とともに老化と腐敗をもたらします。場合によってはエチレンが原因となり貯蔵している果実に障害が発生することもあります。

このような場合にスマートフレッシュ技術を使うことで、エチレンの悪影響を防ぎ、食感、硬度、味および外観を維持することができ、果実の廃棄ロスを減少させることも可能になります。

エチレンの抑制とスマートフレッシュ技術の開発

image needs to be attached

エチレンは100年以上も前に植物内の天然の活性成分として同定されたものの、実際に果実や野菜の生育に不可欠な役割を果たしていることが証明されたのは、それから60年が経過してからのことでした。エチレンが新鮮な果物の成熟を促し、最終的に腐敗に至るまでの要因となっていることが明らかになったのです。従来の技術や新しい技術を使って、りんご、プラム、桃、アプリコット、トマト、キウイ、アボカド、柿、バナナ、メロンなどクライマクテリック型果実に対してエチレンの発生を抑制することにより、成熟をコントロールすることが経済的にも重要となります。

エチレン受容体の存在とその研究結果が広範に知られるようになると同時に、エチレン作用の抑制因子の働きをする別の分子を見つけるための研究が進められました。この研究が成功し、90年代初めE.C.SislerとS.M.Blankenshipが1-メチルシクロプロペン(1-MCP)を発見しました。1-MCPには、自然に発生するエチレンによる成熟および腐敗プロセスの進行を阻止して果物の品質を維持するというユニークな作用があります。

研究者により発見された技術は、AgroFresh(アグロフレッシュ)により、1-MCPのスマートフレッシュ製剤として実用化されました。この製品は1-MCPを3.3%含む可溶性の粉末で、これを水に溶かすとガス状の1-MCPが放出されます。気中に蒸散した1-MCPがりんごに触れるとすみやかに浸透し、その呼吸作用と成熟速度を抑えます。処理された1-MCPはその後代謝され水、二酸化炭素などのような簡単な化合物へと分解していきます。果実も人がするように呼吸し二酸化炭素を排出します。

エチレン(グレー色)と1-MCP(黒色)の分子構造式

スマートフレッシュは、炭素と水素の原子のみからなるエチレンと構造が似ているため、すみやかに果実のエチレン受容体と結合します。貯蔵するときに処理しますと、貯蔵中でのエチレンによる品質の劣化を防ぐことができます。

果物を貯蔵庫から出すと、温度が高まることで新たなエチレン受容体が徐々に生成され、正常な成熟プロセスが再び始まります。